活動雑記(19/07/16)

どうも、おはこんばんちは。髙松です。

日本国召喚外伝2巻と本編6巻の発売日が12月予定となりました。
ちょっと先ですが、その分クオリティ高めて皆さんのお手元にお届けできるよう頑張ります。

あと専業の作家/編集では厳しいので、仕事探すことにします。
実はギブアップ寸前です。もう無理。

ではまた。

『日本国召喚 五 新世界大戦』発売日

どうも、おはこんばんちは。髙松です。

なんとまぁ第5巻の発売ですよ。びっくりですね。
私もこんなに長く続く作品を担当するのは初めてで、ファンの皆さんの応援が嬉しくもあり、その反面重責にいささか及び腰となっております。

なんと今回はCMまで制作されましたよ!

しかもこれ、流れてます! 地上波で!(最後のキャッチは尺の都合でカットされてますが)
すげえ! ナレーション稲田徹さんだ !!! 俺は夢でも見てるんじゃねえか !?
ここまで頑張ってきた甲斐がありました !!! みのろうさんともめっちゃ喜んでます!
続きを読む

ロウリア王国国旗

みのろう: ロウリアは、何となくイメージなんですけど、剣が入ってたら面白いかも
髙松: 騎馬隊のイメージも強いんで馬入れますか
みのろう: それも良いですね、イメージはファンタジー国家なので、剣と魔法の世界(入口)で、剣と盾もありかなとは思いますが
髙松: *******(某ロボットアニメの主人公が所属する)隊のエンブレムみたいな馬を盾に描いて、その後ろにクロスさせた剣とかですかね
みのろう: まあ、カッコイイ感じであればこだわりはありませんので、お任せしますw


「いわゆるこんな感じですか」って上のラフをお渡ししたら「そうそうこんなやつです」と。
あとは馬っぽい意匠を描いてそのまま仕上げたのですが……配色に悩みまして。


最初は黄と赤でスペインっぽくですかねーってたたき台に出したんですが、こっちは没です。
今見たら目に痛いですねこれ。


こっちが完成版。
馬を黒に、背景を青にというのはみのろうさんの指示(というほど強いものではなく、提案ですね)です。
黒の理由は「悪役だから」という単純なものでした。ロウリア……。
あと剣がちょっとおっきくなってますでしょう。これもみのろうさんの提案です。
でも実際、非常に締まって見えますし、なんか悪そうな感じだと一発で伝わりますよね。
そういうとこですよ、みのろうさん。やっぱりバランス感覚が大変優れていらっしゃる。
「私に美的センスはありませんが」なんてご謙遜はやめていただきたい(笑)。

クイラ王国国旗


Skypeにて

髙松: クイラは何だろう。鉄かな
みのろう: ひし形でも入れときます? 銀色の
髙松: あるいは種族間連合時代に日本に鉄と石油を提供した名残がクイラの国旗に残っていてもいいかもしれません
みのろう: 良いですね。砂漠っぽい国なので、それこそ黄色地に……何かとか。特にこだわりはないので、何でもいいですよ

と言われたんですが、鉄と石油を入れるとどうしても黒くなっちゃうんですよね。
そこで考えました。
とりあえず砂漠のイメージで黄色を下に敷こう、と。
さらに砂漠と言えば鷹匠のイメージがあり、鷹をメインに配置することにしました。
肝心の鉄や地下資源のイメージですが、この鷹にツルハシを掴ませようと思いついて、完成版では鷲づかみにしております。鷹だけに(鷹と鷲の違いは大きさだけだとか聞いた覚えが)。


こちらが完成版。
中央の鷹をカッコよく見せるのにだいぶ苦心しました。
嘴を開くかどうか、脚を伸ばすかどうか、主翼の開き具合など。
ちなみに鷹は地球と同じように狩りに使われています。

結果的にはうまくまとまったかなと思います。嘴を閉じたのは、クワ・トイネ公国同様そこそこ平和的な国である証拠です。
脚は当初開いていたのですが(ラフ参照)、ツルハシを持たせたことで実際に飛翔時の形になっていい感じです。
なるべく左右対称、上下対称にしたかったんですが、そもそも鷹の頭があるので左右非対称ですし、ちょっとバランス崩れていても許容範囲としてます。
背後の輪はもちろん外伝1巻の内容に由来します。日本の国旗の太陽、それを支えるという意味でくりぬいたような形になっています。
鷹の周りにある花は砂漠で育つサボテンのような植物の花です。名前は地球の言葉に直すと「オーガサボテン」といったところです。
国旗の中に要素がやたら多いのは中世らしさですね(笑)。

クワ・トイネ公国国旗

pixivFANBOXからの移植その1です。


上はボツったラフです。
コミカライズのほうでクワ・トイネ公国、クイラ王国、ロウリア王国の国旗を使うそうですので、みのろうさんとどんなイメージかSkypeで打ち合わせしました。

髙松: クワ・トイネ、クイラ、ロウリアの国旗が欲しいそうです
みのろう: どうしよう……何かいい案ありますか?
髙松: クワ・トイネはマジで鍬と稲にします?
みのろう: あ、良いですねそれw
髙松: さすがにまんまはまずいので、女神のシルエット入れておいて「神のことは決して忘れない」っていう決意が見える感じにしましょうか
みのろう: おお……良いですね、それ

こんな感じで案が固まったんですが、鍬を入れるとちょっと物々しい感じになっちゃうのでやめときました。 このあとロウリア王国を最初に仕上げて、次にクイラ王国の国旗も仕上げたんですが、そうなるとこのクワ・トイネ公国のラフがちょっと微妙な感じになっちゃって、ボツにした……って感じです。

完成はこちら。


外伝の元になったトーパ王国神話(第2巻第2章冒頭。単行本P104~)、特典としてみのろうさんが制作して没にした種族間連合イワトの谷防衛戦、それぞれの中に登場するエルフの神(緑の神)がモチーフです。
見ての通り女神です。彼女が何故エルフの神、緑の神と呼ばれているのかと疑問に思いまして、そこから外伝の話が転がり始めた感じです。
外伝1巻をすでに読んでくださった方はもうご存じかと思いますが、今までみのろうさんが触れてこなかった神域に少しだけ切り込んでいます。

ちなみにリボンの中には、古いエルフの言葉で『神は我らとともに』『神の御許にて祝福を賜る』という意味の文が書かれています。
文字まではさすがに作る時間がなかったので真っ白ですが、清い目で見ると見えてくると思います(笑)。
女神の横に配したのは稲穂、頭に戴く花冠は新世界固有種の花・地球の言葉にすると「スターライト・ガーベラ」です。花弁の枚数はもっと多いのですが簡略化されてます。

ブログを作ってしまった

どうも、おはこんばんちは。髙松です。
WordPress使ってみたけどよくわからんですね。カスタマイズの仕方に慣れない。
あと記事投稿でテキスト編集するとき、Enterが基本段落分けになるのでいちいちShift+Enter押さなきゃいけない。
ここら辺は設定でどうにかなるんですかね。今はいいや。

みのろうさんから「ブログ作ってそっちで記事公開しましょうよ」って提案されたのがきっかけです。
いや、前々からTwitterでも「ツイフィールがたまに閲覧不可なときがあって不安」って言ってたんですが、そのときからブログ作ることは考えてました。
他にもpixivやTwitterはアカウント持ってないと閲覧できない・コミュニケーションが取れないといった問題がありますので、その辺を解決するにはブログが一番いいかなと。

ただですね。実は過去ロリポブログとかfc2ブログ作って遺棄してきた経験があるので、ちゃんと更新していけるか不安だったんです。
ロリポブログやってたのは高校時代(約17年前?)、fc2ブログは10年くらい前だったかな。全然長続きしなくて……。
でもこうやって開設してみてわかりました。

当時の私、単純に何のコンテンツも持ってなかっただけでした。

絵描いたりゲーム(FF11)のプレイ日記書いたりはしてたんですが、そこまで情熱持ってなかったのがブログを遺棄した最たる原因ですね。
※私はネトゲやると大体不満ばかり出るので書かないほうがいい。
もういい大人になりましたし、17年ぶりに有料サーバー借りて、流行のWordPressでブログ設置。
ドメインも有料です。全部経費じゃ経費! ガハハハハ!(泣)

そんなわけで、一応みのろうさんからも『日本国召喚』のネタ書いていいとお墨付きいただきましたし、こちらで公開していきます。
ただまぁ皆さん、私のとこのコメント欄では質問にとどめる程度にして、『日本国召喚』の話題はこれまで通りみのろうさんとこのコメント欄でお話してください。
私とみのろうさんの良好な関係を保つためにも!(

ではでは、今後ともよろしくお願いします。